日本歴代最強マイラーランキング【投票】

競馬ファンなら誰でも一度は考えるのが「歴代最強馬」。

時代背景、レース条件、個人的な思い入れなど、様々な要素で皆さんの「俺ランキング」を持っていることでしょう。

当ブログには、「日本歴代最強馬ランキング」という記事がありますが、日本のレース体系はダービーを中心にしている以上、2000m~3200mの中長距離に重きが置かれています(最近は長距離は不人気ですが)

したがって、最強馬ランキングにはスプリンター、マイラーなどいわゆる「短距離馬」が食い込む余地がなく、なかなか光が当たりません。

スプリンター・マイラーも、同じ競走馬に変わりなく、短距離ならではの素晴らしいレースもたくさんあります。

そこで、今回はマイラーの中で最強ランキングを選んでみました。

その他のランキングはこちらからご覧ください。

前提:「マイラー」に該当する馬

一口にマイラーといっても、1200m~1600mまで出走する馬や、マイル戦から中長距離戦まで参戦してくる距離万能型の馬など様々です。

しかし、ランキングを考えるにあたって一応の基準を設ける必要があるので、下記の条件を満たす馬の中から最強マイラー候補を選定します。

  • 1600mのGIレース勝利があること(海外のレースも可)
  • 勝利GIのうち1つは安田記念、マイルチャンピオンシップ、海外のマイルGIいずれかであること

国内のマイルGIは現在8レースありますが、レースのレベルにかなり差があります。

レースレベルは、安田記念・マイルチャンピオンシップが最も高いですから、最強マイラーにノミネートするには最低どちらか(または海外マイルGI)の勝鞍が欲しいところです。

管理人が重視しているポイント

1.1600mのレースでの勝率、連対率

最強マイラーというからには、マイル戦で圧倒的な実績を残して欲しいです。

2.大きな怪我をしていない

怪我なく走り切るタフさは、最強馬の大事な条件。

高い能力を持っていても怪我でパフォーマンスを落とした馬、早期引退した馬については、やや評価を落としています。

考慮しないポイント

1.1600m以外の距離での惨敗

最強マイラーですから、マイル以外の距離での成績はあまり考慮しません

2.賞金

GIレースは増えており、賞金も上がっていることから、現代に近いの馬ほど賞金が高くなる傾向です。

馬の強さと賞金額は比例しないため、評価基準としていません。

3.GI勝利数

GIレースは増えており、現代の馬の方がGI勝利数を稼ぎやすいです。

また、国内マイルGIは8レースと多いですが、牝馬限定戦が3戦もあり、レベルも低いことから、牝馬の方がGI勝利数を稼ぐには有利です。

よって、GI勝利数はあまり重視せず、格の高いGIレースを勝っているか、レースのメンバー等も確認し、ランキングに反映します。

4.産駒の成績

あくまでも自身の競走馬としての強さを基準とし、種牡馬、繁殖牝馬としての成績は考慮しません。

5.ベストパフォーマンスの出来栄え

管理人は、デビューから引退まで、常に高レベルのパフォーマンスを見せてくれた馬をより高く評価しています。

最強馬は常に安定して強くあってほしいものです。

歴代最強マイラーランキング

以上をふまえて、悩みに悩んで考えた日本歴代最強馬は次のとおりです。

順位馬名成績勝率連対率複勝率1600m
勝率
1600m
戦績
GI勝利GIレース
1タイキシャトル13戦11勝85%92%100%100%7-0-0-05勝マイルチャンピオンシップ×2、スプリンターズS
安田記念ジャックルマロワ賞
2モーリス18戦11勝61%72%78%75%6-1-0-16勝安田記念マイルCS、香港マイル、チャンピオンズマイル
天皇賞(秋)、香港カップ
3トロットサンダー22戦15勝68%77%86%100%8-0-0-02勝マイルCS安田記念
4ダイワメジャー28戦9勝32%46%64%50%5-3-0-25勝皐月賞天皇賞(秋)マイルCS×2、安田記念
5ノースフライト11戦8勝73%91%91%100%5-0-0-02勝安田記念マイルCS
6ニホンピロウイナー26戦16勝62%73%77%63%5-3-0-03勝安田記念マイルCS×2
7デュランダル18戦8勝44%67%72%57%4-0-0-33勝スプリンターズSマイルCS×2
8アグネスデジタル32戦12勝38%53%66%46%6-1-3-36勝フェブラリーS安田記念マイルCS、MCS南部杯
天皇賞(秋)香港カップ
9サッカーボーイ11戦6勝55%55%73%100%3-0-0-02勝阪神3歳SマイルCS
10ニッポーテイオー21戦8勝38%76%86%57%4-3-0-03勝天皇賞(秋)マイルCS安田記念

現役馬でランキングに入る可能性があるのはグランアレグリアが確実。インディチャンプダノンキングリーペルシアンナイトあたりは今後の成績次第ですね。

なお、マイル戦で傑出した結果を残した馬のうち、次の馬はマイラーランキングから除外しました。

外した理由は、なるべく多くの馬を紹介したいためです。

1位:タイキシャトル

1位はマイル戦7戦7勝、日仏でGIを5勝のタイキシャトルです。

春秋マイル3連勝も達成し、外国産馬として初めての年度代表馬、さらにはフランスの最優秀古馬にも選出され、引退後は顕彰馬になりました。

芝ダートともこなし、道悪も得意。テイエムオペラオーと並んで、重賞8連勝の最多記録を持つ安定性が光りました。

すでに引退を予定していたのに、JRAからの強い要望で走ったラストランでは仕上げが間に合わず、まさかの3着に終わり、生涯連対率100%を逃してしまったのが可哀想でした。

当時の外国産馬には、天皇賞への出走が認められていませんでしたが、もし出走できていたなら、2000mの天皇賞(秋)も勝っていたかも、と思わせてくれる強さでした。

不良馬場の中、1頭だけ別次元の走りを見せた安田記念を推しておきます。

安田記念1998│タイキシャトル
1998年6月14日 東京 GI 芝1600 雨 不良着順枠馬番馬名性齢斤量騎手タイム着差調教師人気112タイキシャトル牡458岡部幸雄1:37.5藤沢和雄12611オリエンタ

2位:モーリス

安田記念、マイルチャンピオンシップ、香港マイルとマイルGI3戦を含む6連勝を果たし、マイラーにして年度代表馬と最優秀短距離馬に選出されたモーリスが2位です。

短距離馬の年度代表馬選出は他に1998年のタイキシャトル、2013年のロードカナロアしか例がなく、それだけ素晴らしいインパクトを残した証拠です。

個人的には香港マイルが好きですね。

3位:トロットサンダー

1600m戦8戦8勝と完璧な成績を収めたトロットサンダーを3位にしました。

地味な血統で地方デビュー、大怪我を乗り越えて中央に移籍し、一気に春秋マイル制覇まで駆け上がる様が格好良かった馬です。

まだまだマイル戦線で活躍が期待された矢先に、馬主の名義貸しトラブルで強制的に引退させられ、本当に気の毒な最後でした。

ちなみに、ラストレースの安田記念は超豪華メンバーでした。

前年覇者ハートレイク。超良血のタイキブリザードヒシアケボノフラワーパークのスプリントGI馬、皐月賞馬ジェニュイン、オークス馬ダンスパートナー、ジャパンカップ2着のヒシアマゾン

その中にあってトロットサンダーは1番人気に支持され、激しい叩き合いを制しました。

旧8歳時でも、末脚は全く衰えを見せておらず、まだまだ勝利できた可能性があったのに、、、

おすすめレースはもちろんラストの安田記念です。

安田記念1996│トロットサンダー
1996年6月9日 東京 GI 芝1600 曇 良着順枠馬番馬名性齢斤量騎手タイム着差上り馬体重調教師人気1612トロットサンダー牡758横山典弘1:33.134.5472(-4)相川勝敏

4位:ダイワメジャー

GI5勝、マイルGI3連勝の記録を持ち、2年連続最優秀短距離馬に輝いたダイワメジャーを4位にしました。

皐月賞を勝利後、喘息を発症。手術しても競争能力が元通りになる例は少ない、競走馬にとって致命傷の病気ですが、彼はその後も成長を遂げそこからGIを4勝。

距離不安の有馬記念や、海外遠征にも果敢にチャレンジする姿に感動したファンも多かったのではないでしょうか。

28戦も出走してファン楽しませてくれた、個人的にも思い入れのある名馬です。

マイルチャンピオンシップ2006│ダイワメジャー
2006年11月19日 京都 GI 芝1600 小雨 良着順枠馬番馬名性齢斤量騎手タイム着差上り馬体重調教師人気1510ダイワメジャー牡557安藤勝己1:32.735.1526(-2)上原

5位:ノースフライト

マイル戦5戦5勝、牝馬で初の春秋マイル制覇を達成し、「マイルの女王」と称されたノースフライトを5位にしました。

引退レースとして臨んだマイルチャンピオンシップは、従来のレコードを0.3秒も上回るタイムでサクラバクシンオーを撃破。見事なレースぶりでした。

デビューが遅く、クラシック競争とは無縁。底を見せないままに引退してしまったので、潜在能力がどれほどのものだったかはいまいち未知数です。

当時2400mでの開催だったエリザベス女王杯でも2着になっていますし、王道の中距離古馬戦線でも牡馬相手に勝負できた可能性は十分あります。

マイルチャンピオンシップ1994│ノースフライト
1994年11月20日 京都 GI 芝1600 晴 良着順枠馬番馬名性齢斤量騎手タイム着差上り馬体重調教師人気169ノースフライト牝455角田晃一1:33.0レコード34.2478(0)加

6位:ニホンピロウイナー

昭和の名マイラーといえばニホンピロウイナー。こちらもマイルは8戦して連対率100%の成績。

同時期に「皇帝」と称されたシンボリルドルフにあやかり、「マイルの皇帝」と称されました。

初の春秋マイル制覇馬にして、マイルGI3連勝。優駿賞最優秀スプリンターに3年連続選出されるなど、素晴らしい成績を収めました。

しかも、実は1400m以下のレースでも10戦9勝(唯一の敗戦は落鉄が原因)と短距離全般のスペシャリストでした。まだスプリンターズステークスがGIに昇格する前でしたが、もしGIだったら、歴代最強スプリンターの一角にも名を連ねたでしょう。

短距離路線が十分に整備されていない時代に、本当に傑出した成績を残した名馬です。

記念すべき第1回のマイルチャンピオンシップを推しておきます。

マイルチャンピオンシップ1984│ニホンピロウイナー
1984年11月18日 京都 GI 芝1600 晴 良着順枠馬番馬名性齢斤量騎手タイム着差調教師人気123ニホンピロウイナー牡457河内洋1:35.3服部正利12712ハッピー

7位:デュランダル

7位はデュランダルです。

デュランダルが特徴的なのは、最後方からレースを運び、最後の直線に賭ける戦法です。

スタートが苦手だったために確立した戦法でしたが、大外を豪快にぶん回し、最後尾からぶち抜いていく抜群の瞬発力を誇りました。

派手な勝ち方は多くのファンを魅了し、約3年に渡って短距離戦線の主役を張り、2年連続でJRA賞最優秀短距離馬に表彰された名馬です。

マイルチャンピオンシップ2004│デュランダル
2004年11月21日 京都 GI 芝1600 晴 良着順枠馬番馬名性齢斤量騎手タイム着差上り馬体重調教師人気147デュランダル牡557池添謙一1:33.033.7452(0)坂口正大

8位:アグネスデジタル

アグネスデジタルが8位にランクイン。

国内外11の競馬場で走り、芝・ダートを問わず、中央、地方、香港でGI6勝をあげた競走生活から、「オールラウンダー」の異名をとりました。

個人的に大好きな馬で、間違いなくオンリーワンの名馬なのですが、辿ったローテーションも勝鞍も異質すぎてどのランキングに入れるべきかよく分かりません。笑

とはいえ、マイルGIを4勝(1勝は地方)もしていますから、入れるならマイラーランキングということで選出しました。

破竹のGI4連勝から海外遠征を経て1年の長期休養。復帰戦の地方重賞でも負け、完全に全盛期を過ぎ燃え尽きたと思われていた中で、オグリキャップの持つレコードを13年ぶりに更新する圧巻の走りで復活した安田記念には衝撃を受けました。

安田記念2003│アグネスデジタル
2003年6月8日 東京 GI 芝1600 晴 良着順枠馬番馬名性齢斤量騎手タイム着差上り馬体重調教師人気123アグネスデジタル牡658四位洋文1:32.1レコード33.7468(-4)白井寿昭

9位:サッカーボーイ

デビュー時から強烈なスピードを見せつけ圧倒的な強さで2歳(旧3歳)チャンピオンに上り詰め、現在も残る2000mの日本レコードを叩きだしたサッカーボーイを9位にしました。

主戦の河内洋騎手曰く、「1600mならオグリキャップ、2000mならサッカーボーイ」と、本来マイルが最適距離ではないのかもしれません。

しかし、怪我で短かった競争生活の中で、GI勝利はマイルのみの2勝、マイル戦も3戦全勝なので、マイラーランキングに選出しました。

怪我続きでクラシック路線は順調にいきませんでしたが、好調で迎えることができたマイルチャンピオンシップでは、古馬相手に4馬身差の圧勝。潜在能力の高さを存分に見せつけました。

古馬になってからもマイル~中距離路線でオグリキャップとの対決が見たかったですね。

マイルチャンピオンシップ1988│サッカーボーイ
1988年11月20日 京都 GI 芝1600 曇 良着順枠馬番馬名性齢斤量騎手タイム着差上り馬体重調教師人気1714サッカーボーイ牡355河内洋1:35.346.9458(+18)小野幸

10位:ニッポーテイオー

マイル戦7戦連対率100%。春秋マイル制覇に加えて天皇賞(秋)も勝利のGI3勝。生涯を通して複勝率86%と高い安定感を見せたニッポーテイオーを10位にしました。

実績はもちろんですが、どこのランキングでも最近の馬ばかりが上位に入っている中、昭和期の名馬ももっと知ってほしいという理由で選出した面も少しあります。

安田記念1988│ニッポーテイオー
1988年5月15日 東京 GI 芝1600 曇 良着順枠馬番馬名性齢斤量騎手タイム着差上り馬体重調教師人気146ニッポーテイオー牡557郷原洋行1:34.247.2482(+2)久保田金

以上が管理人の主観で考えた最強マイラーランキングとなります。

今回候補に上がった馬は以下の通りです。

馬名成績勝率連対率複勝率1600m
勝率
1600m
戦績
GI勝利GIレース
アグネスデジタル32戦12勝38%53%66%46%6-1-3-36勝フェブラリーS安田記念マイルCS
MCS南部杯、天皇賞(秋)、香港カップ
アサクサデンエン31戦8勝26%39%52%29%5-3-3-61勝安田記念
アドマイヤコジーン23戦6勝26%35%43%50%4-0-0-42勝朝日杯3歳S安田記念
アドマイヤマーズ13戦6勝46%54%77%60%6-0-2-23勝朝日杯フューチュリティSNHKマイルC香港マイル
インディチャンプ(現役)        
ウオッカ26戦10勝38%58%69%78%7-2-0-07勝阪神JF日本ダービー安田記念×2、天皇賞(秋)
ヴィクトリアマイルジャパンカップ
エアジハード12戦7勝58%75%83%60%3-1-0-12勝安田記念マイルCS
エイシンアポロン19戦4勝21%42%42%25%2-2-0-41勝マイルCS
エイシンプレストン32戦10勝31%47%53%40%6-4-1-43勝香港マイル、クイーンエリザベス2世C×2
エーシンフォワード31戦6勝19%29%35%15%2-3-1-71勝マイルCS
オグリキャップ32戦22勝69%88%91%100%7-0-0-04勝安田記念マイルCS有馬記念×2
カンパニー35戦12勝34%43%46%33%4-1-0-72勝天皇賞(秋)マイルCS
ギャロップダイナ42戦10勝24%48%57%42%3-3-1-52勝天皇賞(秋)安田記念
グランアレグリア(現役)        
サダムパテック30戦6勝20%27%37%21%3-1-0-101勝マイルCS
サッカーボーイ11戦6勝55%55%73%100%3-0-0-02勝阪神3歳SマイルCS
サトノアラジン29戦8勝28%45%55%15%2-2-1-81勝安田記念
ジェニュイン21戦5勝24%57%62%17%1-3-0-22勝皐月賞マイルCS
ジャスタウェイ22戦6勝27%55%59%50%3-2-0-13勝安田記念天皇賞(秋)、ドバイデューティーフリー
ショウワモダン47戦10勝21%34%40%20%5-4-1-151勝安田記念
シンコウラブリイ15戦10勝67%80%94%43%3-1-2-11勝マイルCS
ステルヴィオ18戦4勝22%50%56%40%2-2-0-11勝マイルCS
ストロングリターン21戦7勝33%52%62%36%4-3-1-31勝安田記念
ゼンノエルシド18戦6勝33%39%44%25%2-1-0-51勝マイルCS
ダイイチルビー18戦6勝33%67%72%50%4-2-0-22勝安田記念スプリンターズS
タイキシャトル13戦11勝85%92%100%100%7-0-0-05勝マイルチャンピオンシップ×2、スプリンターズS
安田記念、ジャックルマロワ賞
タイキブリザード23戦6勝26%61%70%25%1-1-2-01勝安田記念
ダイタクヘリオス35戦10勝29%46%49%40%4-4-0-22勝マイルCS×2
ダイワメジャー28戦9勝32%46%64%50%5-3-0-25勝皐月賞天皇賞(秋)マイルCS×2、安田記念
タカラスチール32戦8勝25%41%59%23%3-1-3-61勝マイルCS
ダノンキングリー(現役)        
ダノンシャーク39戦7勝18%46%54%17%4-7-4-91勝マイルCS
ツルマルボーイ32戦7勝22%41%47%20%1-0-0-41勝安田記念
デュランダル18戦8勝44%67%72%57%4-0-0-33勝スプリンターズSマイルCS×2
トウカイポイント37戦7勝19%24%30%33%1-0-1-11勝マイルCS
トーセンラー25戦4勝16%36%60%33%1-0-0-21勝マイルCS
トロットサンダー22戦15勝68%77%86%100%8-0-0-02勝マイルCS安田記念
ニッポーテイオー21戦8勝38%76%86%57%4-3-0-03勝天皇賞(秋)マイルCS安田記念
ニホンピロウイナー26戦16勝62%73%77%63%5-3-0-03勝安田記念マイルCS×2
ノースフライト11戦8勝73%91%91%100%5-0-0-02勝安田記念マイルCS
パッシングショット27戦5勝19%56%67%27%3-4-2-21勝マイルCS
ハットトリック21戦8勝38%38%38%58%7-0-0-52勝マイルCS、香港マイル
ハッピープログレス27戦11勝41%52%63%17%1-1-1-31勝安田記念
バンブーメモリー39戦8勝21%38%49%25%2-2-2-22勝安田記念スプリンターズS
ブラックホーク28戦9勝32%61%82%46%6-2-2-32勝スプリンターズS安田記念
ブルーメンブラット24戦8勝33%54%71%13%1-2-2-31勝マイルCS
フレッシュボイス26戦7勝27%35%42%50%2-0-0-21勝安田記念
ペルシアンナイト(現役)        
ミッキーアイル20戦8勝40%60%65% 6-1-0-32勝NHKマイルCマイルCS
モーリス18戦11勝61%72%78%75%6-1-0-16勝安田記念マイルCS、香港マイル
チャンピオンズマイル、天皇賞(秋)、香港カップ
モズアスコット26戦7勝27%50%50%31%4-2-0-72勝安田記念フェブラリーS
ヤマニンゼファー20戦8勝40%65%75%50%2-1-0-13勝安田記念×2、天皇賞(秋)
リアルインパクト30戦5勝17%33%40%6%1-3-1-121勝安田記念
ロードカナロア19戦13勝68%95%100%50%1-1-0-06勝高松宮記念スプリンターズS×2、安田記念
香港スプリント×2
ロゴタイプ30戦6勝20%33%47%33%3-2-1-33勝朝日杯フューチュリティS皐月賞安田記念