日本歴代最強馬ランキング【投票】

投票はこちらから→https://blog.with2.net/vote/v/?id=214339

競馬ファンなら誰でも一度は考えるのが「歴代最強馬」。

時代背景、レース条件、個人的な思い入れなど、様々な要素で皆さんの「俺ランキング」を持っていることでしょう。

もちろん正解なんてありませんし、ご意見は様々あると思いますが、管理人が考えるランキングを発表します。

基本的に、現役馬は除外して考えています。

牝馬版→日本歴代最強牝馬ランキング【投票】

管理人が重視しているポイント

1.勝率が高い

歴代最強馬は勝ってナンボ。どんな条件であろうがとにかく勝つのが最強馬。

取りこぼしが多いようでは最強馬とはいえません。

2.大きな怪我をしていない

怪我なく走り切るタフさも、最強馬の大事な条件。

高い能力を持っていても怪我でパフォーマンスを落とした馬、早期引退した馬については、やや評価を落としています。

3.惨敗がない

最強馬に惨敗はご法度。調整の失敗、枠の不利、出遅れなどレースには色々あれど、それでも勝つのが最強馬ではないでしょうか。

勝負にすら絡めない着外の惨敗は大きなマイナスポイントと考えています。

あまり重視していないポイント

1.賞金

GIレースは増えており、賞金も上がっていることから、現代に近いの馬ほど賞金が高くなる傾向です。

馬の強さと賞金額は比例しないため、評価基準としていません。

2.GI勝利数

GIレースは増えており、現代の馬の方がGI勝利数を稼ぎやすいです。

GIレースが増えるとローテーションのバリエーションが広がり、近年は海外挑戦も盛んなことから、レベルの高い馬が集まらない国内GIレースが増えています。

これにより、一昔前であれば、到底GIホースレベルとは思えない馬がGIを勝つこともしばしば。

よって、単純なGI勝利数はあまり重視せず、格の高いGIレースを勝っているか、レースのメンバー等も確認し、ランキングに反映します。

3.ベストパフォーマンスの出来栄え

最強馬を語る上で必ず問題になるのが、ピーク時の強さに関する意見。

管理人は、デビューから引退まで、常に高レベルのパフォーマンスを見せてくれた馬をより高く評価しています。

歴代最強馬は常に安定して強くあってほしいものです。

歴代最強馬ランキング

以上をふまえて、悩みに悩んで考えた日本歴代最強馬は次のとおりです。

選んでから気づきましたが、トップ10は全て顕彰馬になっていました。(アーモンドアイも間違いなくなるでしょう)

1位:ディープインパクト

戦績を見れば1位はディープインパクトで揺るぎません。

シンボリルドルフ以来となる無敗の三冠馬であり、直線一気のド派手な勝ち方でファンを魅了。

菊花賞の単勝オッズはなんと1.0倍を記録し、ディープ旋風は社会現象となりました。

生涯を通じて高いパフォーマンスを見せ、現状では、文句なく日本競馬史上、歴代最強馬でしょう。

凱旋門賞失格による、様々な憶測を跳ねのけて意地のジャパンカップ、有馬記念の連勝でまさに伝説となりました。

有馬記念2006│ディープインパクト
2006年12月24日 中山 GI 芝2500 晴 良着順枠馬番馬名性齢斤量騎手タイム着差上り馬体重調教師人気124ディープインパクト牡457武豊2:31.933.8438

2位:シンボリルドルフ

昭和の最強馬シンボリルドルフを2位にしました。

派手な大差勝ちはないものの、最後には絶対に勝つその姿勢が大好きな馬です。

無敗で三冠馬になったのはシンボリルドルフディープインパクトコントレイルの3頭だけ。

王道中の王道ローテーションを歩み、ライバルに勝利してきました。菊花賞ジャパンカップ有馬記念 なんて、今時の馬ではキツすぎてまず出ないんじゃないでしょうか。

タフさも超一流です。

有馬記念1985│シンボリルドルフ
1985年12月22日 中山 GI 芝2500 小雨 良着順枠馬番馬名性齢斤量騎手タイム着差馬体重調教師人気166シンボリルドルフ牡457岡部幸雄2:33.1486野平祐二1

3位:オルフェーヴル

ディープすらも超えるポテンシャルを感じたのがオルフェーヴル

凱旋門賞を獲っていれば、文句なく1位にしていました。ハマったときの爆発的な強さは歴代NO.1でしょう。

一方で、気性の荒さゆえの安定感のなさから、取りこぼしがもったいなかった名馬です。

1回目の凱旋門賞は誰もが途中まで勝ったと思いましたよね。

4位:エルコンドルパサー

当時を知らない競馬ファンであれば、なぜ4位にするのか意味不明な方もいると思います。

3歳でジャパンカップを制し、古馬になってからは、長期遠征のフランス王道路線4戦ですら連対を外さず、本番の凱旋門賞では欧州でも90年代最強クラスの名馬モンジュー相手に大接戦の2着。

ダートも走れる万能型で、道悪にも強く、本当に安定したスーパーホースでした。

先着を許した日本馬は、サイレンススズカただ1頭。

スペシャルウィークグラスワンダーサイレンススズカエアジハードセイウンスカイキングヘイローマイネルラヴらを擁し、最強世代との声も多い1998年クラシック世代でもトップの馬だったと思います。

当時外国産馬にはクラシック競争、天皇賞への出走が認められていませんでしたが、後にこれらのレースが外国産馬にも開放されるきっかけとなった1頭です。

日本馬が初めて凱旋門賞に近づいたレースをぜひご覧ください。

5位:テイエムオペラオー

古馬の芝中長距離路線(天皇賞(春)宝塚記念天皇賞(秋)ジャパンカップ有馬記念)を年間無敗で完全制覇したスーパーホース。

これは今後も絶対に破られることがない大記録だと思います。

他にも年間8戦8勝、中央重賞8連勝、GI最多連対(11連対)、GI最多連続連対(9連続連対)GI最多連勝(6連勝)、など数々の大記録を打ち立てました。

ライバル陣営からの厳しいテイエムオペラオー包囲網をものともせず、先行しても、控えても常に先頭でゴールする脚質の自在性も特徴的で、トップ10の中で最多の26戦を走っていながら、生涯1度も掲示板を外さなかった抜群の安定感がありました。

しかも、当時21歳でまだ駆け出しの和田竜二騎手を背にこの成績なのが圧巻すぎる…

2着のGIが4回あり、もしトップジョッキーが乗っていたら…と考えると、10冠馬になっていても不思議ではありませんでした。

有馬記念での、包囲網をものともせず勝ち切る姿を見て欲しいですね。

有馬記念2000│テイエムオペラオー
2000年12月24日 中山 GI 芝2500 晴 良着順枠馬番馬名性齢斤量騎手タイム着差上り馬体重調教師人気147テイエムオペラオー牡457和田竜二2:34.136.4480

6位:キタサンブラック

早めに先頭に立ち、かわされかけてももう一度伸びるド根性で大レースを次々制覇。

3歳から故障なく走りつづけて、積み上げたGI勝利は7つ。王道レースを皆勤するタフさと勝負強さが光ります。

幅広い適正距離、馬場状態も不問、逃げから差しまで対応可能な自在性に優れ、安定感がありました。

GIを勝つと北島三郎オーナーが「まつり」を歌うのが印象的でしたね。

近年の競馬界を大きく盛り上げてくれた大功労馬です。

天皇賞(春)2017│キタサンブラック
2017年4月30日 京都 GI 芝3200 晴 良着順枠馬番馬名性齢斤量騎手タイム着差上り馬体重調教師人気123キタサンブラック牡558武豊3:12.5レコード35.3536清水久詞

7位:ナリタブライアン

ご存知「シャドーロールの怪物」ナリタブライアンが7位にランクイン。

2歳で朝日杯を勝利し、皐月賞、ダービー、菊花賞を楽勝。その年の有馬記念も獲ってGI5連勝のまさに怪物でした。

3歳終了時点でのGI5勝達成は、未だにナリタブライアンただ1頭だけの記録です。

稀代の名手オリビエ・ペリエ騎手も全盛期のナリタブライアンを「世界レベルの馬」と評しています。

古馬になってからは怪我に苦しみ、本来の能力を発揮できなくなってしまいました。

怪我さえなければ古馬GIも総なめにして、歴代最強馬ランキング1位になれる力を持っていた名馬です。

個人的に、3歳終了時点での強さは歴代1位だと考えています。

超ハイペースを先行し、4コーナーでバテた他馬がずるずる後退する中、1頭だけ加速して勝った皐月賞をベストレースに推します。

皐月賞1994│ナリタブライアン
1994年4月17日 中山 GI 芝2000 晴 良着順枠馬番馬名性齢斤量騎手タイム着差上り馬体重調教師人気111ナリタブライアン牡357南井克巳1:59.035.8460(0)大久保正陽

8位:アーモンドアイ

トップ10唯一の牝馬、アーモンドアイがランクイン。

牝馬三冠の達成に加え、史上初の芝GI9勝達成。ウオッカに並ぶ牡馬混合GI最多勝利タイ(5勝、すべて1番人気)、獲得賞金も日本歴代1位を更新し、芝2400mの世界レコードも更新するなど記録づくめのミラクルホースです。

複勝を外したのは、熱発で香港遠征を回避し、ローテーションが狂ったあとに急遽参戦を決めた有馬記念ただ1度と、抜群の安定感も持ち味でした。

ベストレースは、引退レースと宣言して挑んだジャパンカップ

前走の天皇賞(秋)で芝GI8勝の新記録を樹立し、繁殖入りを控えて大事をとってもおかしくないところですが、さらなる記録更新を目指し、また共に無敗の牡牝三冠馬であるコントレイルデアリングタクトを迎え、競馬史上最高といっても過言ではないドリームレースにするために参戦。

1番人気を背負って見事なレースぶりで勝ち切り、芝GI9勝目を挙げ有終の美を飾りました。この2020年ジャパンカップは今後いつまでも語り継がれる名勝負となるでしょう。

今後彼女を超える牝馬は果たして出てくるのか。と思わせる圧倒的なスターホースです。

ジャパンカップ2020結果│アーモンドアイ
2020年11月29日 東京 GI 芝2400 曇 良着順枠馬番馬名性齢斤量騎手タイム着差上り馬体重調教師人気122アーモンドアイ牝555C.ルメール2:23.034.7490(0)国枝栄

9位:オグリキャップ

「芦毛の怪物」オグリキャップが9位にランクイン。

地方から中央に殴り込んでトップホースを次々なぎ倒す様や、ラストランの有馬記念での奇跡の復活勝利など、競馬ファンにとどまらず国民のアイドルホースとなったオグリキャップ。

これほどの人気ホースは彼以降いませんし、おそらく今後も現れることはないでしょう。

クラシック登録をしていなかったため、三冠競争とは無縁でしたが、もし現在のように追加登録料を払って登録する制度があれば、三冠馬になっていても不思議ではありませんでした。

オグリキャップの3歳秋の戦績は古馬相手に、天皇賞(秋)2着、ジャパンカップ3着、有馬記念1着ですから、どう考えても同期では一番強い馬でしょう。

同期は皐月賞のヤエノムテキ、ダービーのサクラチヨノオー、菊花賞のスーパークリークとなかなか強豪揃いですが、マイル7戦全勝と、距離的にマイルがベストだったオグリにとっては、皐月賞が一番向いていて、菊花賞が一番厳しそうです。

優れた身体能力はもちろん、6連戦(オールカマー→毎日王冠→天皇賞(秋)→マイルチャンピオンシップ→ジャパンカップ→有馬記念)と、今ではありえない過酷ローテションでも崩れなかったタフさも超一流です。

おすすめレースは、もちろん感動のラストラン。復活の有馬記念です。

有馬記念1990│オグリキャップ
1990年12月23日 中山 GI 芝2500 晴 良着順枠馬番馬名性齢斤量騎手タイム着差上り馬体重調教師人気148オグリキャップ牡556武豊2:34.235.2494(-2)瀬戸

10位:トウカイテイオー

10位は「皇帝」と称された父シンボリルドルフの初年度産駒、トウカイテイオーです。

父の足跡をたどるように危なげなく、無敗で皐月賞ダービーの二冠を制覇しました。

しかし、レース直後に骨折が発覚。親子2代での三冠達成は幻となりました。

復帰後の産経大阪杯を圧勝し、無敗を継続したものの、続く天皇賞(春)では初の長距離に加え荒れ馬場に泣き完敗。さらに、再び骨折が発覚しました。

2度の骨折に加えて体調不良もあり、調整不足のままぶっつけで挑んだ天皇賞(秋)では7着に沈み、「トウカイテイオーはもう終わった」「二冠は相手が弱かっただけ」など厳しい声もありました。

しかし、そこで終わらないのがトウカイテイオー。続くジャパンカップでは、国際GI初年度にふさわしく、イギリス2冠馬ユーザーフレンドリーをはじめ、各国年度代表馬クラスが集まった豪華メンバーの中、復活の勝利。

またしても父シンボリルドルフと同じように、外国馬を跳ね返しました。

有馬記念では当然ファン投票1位で1番人気を背負いましたが、見せ場なく11着の惨敗。

翌年も年初から怪我で始動が遅れ、宝塚記念の出走を目指していた最中にまたしても骨折。結局、復帰戦は1年ぶりの有馬記念になってしまいました。

骨折明けで1年ぶりのレース、しかもGIと、まず普通なら好走自体が難しいところです。が、常識が通用しないのがトウカイテイオー。なんとここでも強豪ビワハヤヒデを振り切って奇跡の復活勝利。

中364日でのGI勝利は未だに破られていないGI勝利の最長記録として残っています。

翌年も現役を続行しましたが、またまた怪我に次ぐ怪我でついに1回も出走できないままに引退を迎えます。

怪我に弱い馬は評価を下げる、という基準で選んだランキングですが、幾度の怪我を乗り越えて復活するトウカイテイオーだけは別格。その不屈の精神力は見るものに感動を与えました。

端正なルックスに気品のある立ち姿、そして理想的な美しい走行フォーム。その競争人生すべてがドラマチックで、まさに主人公にふさわしい競走馬でした。

おすすめレースは奇跡の復活を遂げた有馬記念ですが、ダービーとジャパンカップもぜひ見て欲しいですね。

有馬記念1993│トウカイテイオー
1993年12月26日 中山 GI 芝2500 晴 良着順枠馬番馬名性齢斤量騎手タイム着差上り馬体重調教師人気134トウカイテイオー牡556田原成貴2:30.935474(+14)
ジャパンカップ1992│トウカイテイオー
1992年11月29日 東京 GI 芝2400 晴 重着順枠馬番馬名性齢斤量騎手タイム着差上り馬体重調教師人気1814トウカイテイオー牡457岡部幸雄2:24.636.3470(-2)松元
日本ダービー1991│トウカイテイオー
1991年5月26日 東京 GI 芝2400 晴 良着順枠馬番馬名性齢斤量騎手タイム着差上り馬体重調教師人気1820トウカイテイオー牡357安田隆行2:25.936460(+4)松元省一

番外:ランキング外の馬に関して

メチャクチャ悩みましたが、トップ10候補として挙がったのは以下の馬たちです。

馬名成績勝率連対率複勝率GI勝利GIレース
ジェンティルドンナ19戦10勝53%74%79%7勝牝馬三冠(桜花賞オークス秋華賞
ジャパンカップ×2、ドバイシーマクラシック、有馬記念
ロードカナロア19戦13勝68%95%100%6勝高松宮記念スプリンターズS×2、安田記念、香港スプリント×2
タイキシャトル13戦11勝85%92%100%5勝マイルCS×2、スプリンターズS安田記念、ジャックルマロワ賞
モーリス18戦11勝61%72%78%6勝安田記念マイルCS、香港マイル、チャンピオンズマイル
天皇賞(秋)、香港カップ
ゴールドシップ28戦13勝46%57%64%6勝皐月賞菊花賞天皇賞(春)宝塚記念×2、有馬記念
ウオッカ26戦10勝38%58%69%7勝阪神JF日本ダービー安田記念×2、天皇賞(秋)
ヴィクトリアマイルジャパンカップ
スペシャルウィーク17戦10勝59%82%94%4勝日本ダービー天皇賞(春)天皇賞(秋)ジャパンカップ
メジロマックイーン21戦12勝57%86%90%4勝菊花賞天皇賞(春)×2、宝塚記念
グラスワンダー15戦9勝60%67%67%4勝朝日杯3歳S宝塚記念有馬記念×2
ブエナビスタ23戦9勝39%74%87%6勝阪神JF桜花賞オークスヴィクトリアマイル
天皇賞(秋)ジャパンカップ
ダイワメジャー28戦9勝32%46%64%5勝皐月賞天皇賞(秋)マイルCS×2、安田
アグネスデジタル32戦12勝38%53%66%6勝フェブラリーS安田記念マイルCS、MCS南部杯
天皇賞(秋)、香港カップ
ミスターシービー15戦8勝53%73%80%4勝三冠(皐月賞日本ダービー菊花賞)、天皇賞(秋)
シンボリクリスエス15戦8勝53%67%93%4勝天皇賞(秋)×2、有馬記念×2
ダイワスカーレット12戦8勝67%100%100%4勝桜花賞秋華賞エリザベス女王杯有馬記念
ビワハヤヒデ16戦10勝63%94%94%3勝菊花賞天皇賞(春)宝塚記念
ミホノブルボン8戦7勝88%100%100%3勝朝日杯3歳S皐月賞日本ダービー
マヤノトップガン21戦8勝38%57%81%4勝菊花賞天皇賞(春)宝塚記念有馬記念
メイショウサムソン26戦9勝35%62%69%4勝皐月賞日本ダービー天皇賞(春)天皇賞(秋)
ヴィクトワールピサ15戦8勝53%60%73%3勝皐月賞有馬記念、ドバイワールドカップ
リスグラシュー22戦7勝32%69%86%4勝エリザベス女王杯宝塚記念、コックスプレート、有馬記念

今回は中央GI3勝(海外GI含む)以上の馬を抽出して、そこから考えていきました。

他にはこんな馬たちがいました。忘れていたことも多く、なかなか面白かったので参考にどうぞ。

馬名戦績勝率連対率複勝率GI勝利GIレース
コントレイル9戦7勝78%89%100%4勝ホープフルステークス皐月賞日本ダービー菊花賞
グランアレグリア12戦8勝67%75%83%5勝桜花賞安田記念スプリンターズSマイルCS
ヴィクトリアマイル
デアリングタクト8戦5勝63%75%100%3勝桜花賞オークス秋華賞
クロノジェネシス15戦8勝53%73%93%4勝秋華賞宝塚記念×2、有馬記念
アドマイヤマーズ13戦6勝46%54%77%3勝朝日杯フューチュリティSNHKマイルC香港マイル
フィエールマン12戦5勝42%67%83%3勝菊花賞天皇賞(春)×2
ロゴタイプ30戦6勝20%33%47%3勝朝日杯フューチュリティS皐月賞安田記念
メイショウマンボ31戦6勝19%26%26%3勝オークス秋華賞エリザベス女王杯
ジャスタウェイ22戦6勝27%55%59%3勝安田記念天皇賞(秋)、ドバイデューティーフリー
ストレイトガール31戦11勝35%48%58%3勝ヴィクトリアマイル×2、スプリンターズS
トランセンド24戦10勝42%63%67%3勝ジャパンカップダート×2、フェブラリーステークス
ドリームジャーニー31戦9勝29%39%59%3勝朝日杯フューチュリティS宝塚記念有馬記念
アドマイヤムーン17戦10勝59%71%82%3勝ドバイデューティーフリー、宝塚記念ジャパンカップ
カネヒキリ23戦12勝52%74%78%3勝ジャパンカップダート×2、フェブラリーステークス
スイープトウショウ24戦8勝33%50%58%3勝秋華賞宝塚記念エリザベス女王杯
ゼンノロブロイ20戦7勝35%60%85%3勝天皇賞(秋)ジャパンカップ有馬記念
スティルインラブ16戦5勝31%44%50%3勝牝馬三冠(桜花賞オークス秋華賞
デュランダル18戦8勝44%67%72%3勝スプリンターズSマイルCS×2
ヒシミラクル28戦6勝21%32%46%3勝菊花賞天皇賞(春)宝塚記念
マンハッタンカフェ12戦6勝50%50%59%3勝菊花賞天皇賞(春)有馬記念
テイエムオーシャン18戦7勝39%44%67%3勝阪神3歳牝馬S桜花賞秋華賞
ファレノプシス16戦7勝44%50%56%3勝桜花賞秋華賞エリザベス女王杯
ライスシャワー25戦6勝24%44%52%3勝菊花賞天皇賞(春)×2
ニシノフラワー16戦7勝44%50%69%3勝阪神3歳牝馬S桜花賞スプリンターズS
ヤマニンゼファー20戦8勝40%65%75%3勝安田記念×2、天皇賞(秋)
スーパークリーク16戦8勝50%63%75%3勝菊花賞天皇賞(春)天皇賞(秋)
タマモクロス18戦9勝56%67%78%3勝天皇賞(春)天皇賞(秋)宝塚記念
イナリワン25戦12勝48%60%68%3勝天皇賞(春)宝塚記念有馬記念
ニッポーテイオー21戦8勝38%76%86%3勝安田記念マイルCS天皇賞(秋)
メジロラモーヌ12戦9勝75%75%75%3勝牝馬三冠(桜花賞オークスエリザベス女王杯
ミホシンザン16戦9勝56%63%88%3勝皐月賞菊花賞天皇賞(春)
ニホンピロウイナー26戦16勝62%73%77%3勝安田記念マイルCS×2

あなたの最強馬ランキングを投票する→https://blog.with2.net/vote/v/?id=214339